« 優しさに慣れてない (>_<) ・・・再建の話 | トップページ | バックアップの必要性 »

要約筆記講座

先日の土曜日に開講された「要約筆記 基礎講座」を受講してきました。

1時半から4時半までの3時間。

眠くならないか心配だったけど、あっという間に終わりました。

「要約筆記」とは、聴覚障害者への情報保障の為の方法の一つです。

聴覚障害者の15%程度は手話ができるそうですが

中途失聴の方とか、難聴の方、高齢者の方達は

手話を覚えるのが難しいので、「要約筆記」が必要になるそうです。

その講座の中で、中途失聴の方の講演があり

こんなことを言われてました。

 

 聞こえなくなった時は、なんで私が???ってショックだった。

 家族も、そんな私にどうしていいのかわからず困ってた。

 私自身も、どうせ私の気持ちなんか言ってもわかってくれないだろし

 理解できるはずがないと思ってた。

 外出して人に会っても聞こえないので、外に出かけることが億劫になってきた。

 家で一人でいることが楽で、どんどん引きこもってしまった。

 でも、同じ障害を持った人達と出会うことによって

 いろんな世界がひろがり、こうやってみなさんの前でもお話できるようになった。

 

聞いてて、「あっ、私似てる」って思ったんですよね。

私が乳がんになった時の気持ちであったり、家族たちとの関わり方とか

抗がん剤治療中、人に出会うのが嫌で家に引きこもってた事とか

同じ病気の人に出会っての事とか・・・

同じだわ~flairって。

 

人間、こんなにいっぱいいたら、みんないろんな悩みを持ってるんだよね。

同じような思いを持ってる方もいらっしゃったし。

こんな病気になったから、メソメソしててもいいってのは違うなって。

みんな見えてないとこで、頑張ってられるんだ。

私も恥ずかしくないよう頑張らねば!!と思った一日でした。

  

講座は年末まで続きますが、皆勤賞で終えたいと思いますheart04

 

|

« 優しさに慣れてない (>_<) ・・・再建の話 | トップページ | バックアップの必要性 »

習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優しさに慣れてない (>_<) ・・・再建の話 | トップページ | バックアップの必要性 »