« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | ダブル病院 »

割り切れない想い

義母が、まだ入院してます。

圧迫骨折は、コルセットが出来ないので(腹水とみぞおち部のヘルニアの為)

安静にしてるしか治療がありませんでした。

今回、入院した時には腹水の量が多かったので

その治療をしながら、安静状態。

注射に始まり点滴に変えても減らない腹水に

年末「アルブミン製剤」を点滴で入れました。

すると、尿の量もすこしずつ増え、腹水も減り始めました。

といっても、CT検査では腹水が残ってることが確認され

完全に無くなる事はないだろうとの事で

入院前と同じ利尿剤の飲み薬に戻し通院しながら

様子見しましょうかと主治医の意見。

1ヶ月、ベッドとポータブルトイレの移動しかしていない義母が

すぐ退院しても私たちに受け入れる事は無理です。

でも、義弟の嫁には、お正月帰宅出来ない義母がかわいそうだと言われ

義弟夫婦や、義母からヒタヒタと伝わるプレッシャー。

長男やから・・・長男の嫁やから・・・お世話するのが当たり前。

そんな空気が私を包み込んでますthink

病院には、せめてトイレまで歩けるようにリハビリをして下さいとお願いし

本人が「買い物は、この子に連れて行ってもらうから」と

即答で断った介護保険も申請し、ベッドや補助具を手配してもらい

受け入れ態勢は整えていこうとしてますが

さて・・・母屋でいいのだろうか。

私たちの家に来てもらうのがいいのではないか。

でも、先の見えないこと。

それだけの覚悟が出来るのか。

確かに家に帰りたい気持ちは嫌というほどわかります。

一人で家にいるより、みんなといるほうが楽しいかも。

(でも気を使うかなぁ、義母でも。)

私が義母に持ってる感情は、愛情<同情です。

どうするのが、一番なんだろ。

自分に置き換えると、いたたまれない想いになります。

|

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | ダブル病院 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

どうお答えしたらいいのか・・・
確かに、お世話がいる状態じゃ、退院されてもお互い気を使うばかりでしょうね。

ももさんも、腕を使いすぎては、浮腫になってしまうだろうし。

でも、お義母さんは帰りたいと思います。
帰ったらもちろん、一緒に暮さなきゃ、何かがあったら困りますよね。

私の家じゃない、よそ様のことだからって、ほっとしています。
そういう気苦労、病気になってからは、対処できなくなりました。
私って、ほんとに鬼嫁だね。

投稿: ちるみ | 2010年1月23日 (土) 21時14分

お義母さま、骨折と腹水とでとってもお辛いでしょうね・・・weep
お家に帰りたい気持ちはとてもわかります。

でも、お家に帰ったらももさんやご家族が介護する・・・それは正直本当に大変な事だと思います。

義母さまの回復をお祈りしています。

ももさん、体調崩さないでくださいねsad

投稿: アココ | 2010年1月23日 (土) 22時43分

私達の年代に成ると親の介護の事が気になりますよね
私も義母さんの事でプレッシャーを感じています
家は次男だけど「うららチャン頼むね~」と言われ
私としては「エ~、、」と口数が少なくなりました
義母さんは自分で食べる事くらいで家の中も歩行器を使用しています
本当に優しくない嫁であります
義父さんの体調が悪くなると考えなくてはいけない問題

ももさんの気持ちも分かるな~
少しでも良くなった状態で迎えたいよね、、
今の状態が少しでもよくなり
ご主人と十分に話し合って下さいね

こんな事しか言えなくてごめんなさいね


投稿: うらら | 2010年1月26日 (火) 10時55分

こんにちは。

ももさん~お元気ですか?
長男の嫁としての立場、気持ち、、良くわかります。私もそうなので。。
お義母さんのお気持ちも分かるけど、実際に介護する側・・とっても大変だよね。
ヘルパーさんや使えるものは使って、ももさんやご家族の負担が少しでも少なく済むように、、と思います。

ももさんも無理しないで、身体に気をつけて。。
お義母さんも回復されるといいね!

投稿: ゆうまる | 2010年2月 5日 (金) 12時46分

ふうこです。 ももさん、覚えてます?

ご無沙汰しちゃってます。
ずいぶん来ていなかったけど・・・こんなことになっているとは・・・

私も長男の嫁ではあるので、いつもそんな日を危惧してます。
別居しているので、このまま姑に倒れられたらきっと私は(情の部分で)姑を看る事が出来ないと思い、せめて習い事を一緒にしてみようと近寄りつつあります。。。
だけどやっぱり大変よね。
そんな生易しいものじゃない。
皆さんがおっしゃっているように、出来るだけ利用できるものは利用して、
ももさんの素敵な笑顔を死守ししてほしいです。
今頑張っているかな??

お姑さんは一生懸命ももさんを頼りにして、弱い状態と思います。
言ってみれば、ももさんが自分自身が元気に過ごせる方法を考えて良いのです。
周りに左右されず黙々と良い状況を作ってくださいね。

たぶんそれがお姑さんにとっても最上の方法なのだと思います。

及ばずながら応援してます。

投稿: ふうこ | 2010年4月 4日 (日) 01時09分

ちるみさん、こんばんは。
お返事が随分遅くなってしまってごめんなさい。
心身共・・・いえいえ「心」が参ってました。
まだまだ立ち直れそうにありませんが
こんな事で免疫を下げては、元も子もありませんもんね。
どうにか乗り越えたいと思ってます。
心配して下さってありがとう。
ちるみさんも、大変な思いをされてたみたいですね。
頑張った分、少しゆっくりして下さいね♪

投稿: もも | 2010年4月 6日 (火) 20時57分

アココさん、こんばんは。
こんなにもお返事が遅くなってしまって本当ごめんなさい。
「心」が病んでしまったのかと思うくらい
凹んでました。
義母はまだ入院生活ですが、状態は良くありません。
まだまだ精神的にきつい日が続くと思うけど
暖かくなってきた分、回復してこれたみたいで・・・
こんなお返事遅くなってしまうような私ですが、これからもよろしく願いします。

投稿: もも | 2010年4月 6日 (火) 21時03分

うららさん、こんばんは。
心配してコメントいただいてたのに
お返事遅くなってごめんなさい。
うららさんもお義母さんのこと、大変ですね。
私達の年になると、どうしても親の介護が問題になりますよね。
ただ、自分の親と違って主人の親は難しいです。
気持ちがちゃんと伝わらないもの・・・
でも仕方ないものね。
なんとか頑張りたいと思います♪

投稿: もも | 2010年4月 6日 (火) 21時08分

ゆうまるさん、こんばんは。
こんなにもお返事が遅くなって本当にごめんなさい。
義母は、あれから病院で転倒し手術を受けたり・・・
結局、退院出来ずにいます。
容態もあんまりよくなくて。
先生達は、介護は私にかかる負担が大きいと言ってくれるのですが
一番わかって欲しい主人には理解が出来ないようでした。
それが私の一番のショックでした。
期待するから駄目なんですよね~と
春が来た今日この頃・・・少し余裕が出来て
こうしてPCに向かってます。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

投稿: もも | 2010年4月 6日 (火) 21時17分

ふうこさん、こんばんは。
うぅ~~~来て下さってたんですね。
こんな事になってました。
主人や義母は覚えてないかもしれないですが
昔、義母は「とんでもない嫁をもらった」
「図体はでかいのに体は弱い」とか言ったんです。
言ったほうって忘れたらいいんだろうけど
言われたほうって絶対覚えてますよね。
その私しか頼る相手がいない義母って寂しいと思います。
自分の姉妹も近くにいるのに、皆に嫌われてて
お見舞いにも来てくれません。
人間、どうやって生きていくかって大事だなって
つくづく思います。
義母や主人との事で、「心」が折れてたこの数ヶ月
免疫力、下げまくりでした。
はぁ~~~です。
ふうこさん、心配してくれてありがと。
いつか会おうね♪

投稿: もも | 2010年4月 6日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | ダブル病院 »