« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年1月

割り切れない想い

義母が、まだ入院してます。

圧迫骨折は、コルセットが出来ないので(腹水とみぞおち部のヘルニアの為)

安静にしてるしか治療がありませんでした。

今回、入院した時には腹水の量が多かったので

その治療をしながら、安静状態。

注射に始まり点滴に変えても減らない腹水に

年末「アルブミン製剤」を点滴で入れました。

すると、尿の量もすこしずつ増え、腹水も減り始めました。

といっても、CT検査では腹水が残ってることが確認され

完全に無くなる事はないだろうとの事で

入院前と同じ利尿剤の飲み薬に戻し通院しながら

様子見しましょうかと主治医の意見。

1ヶ月、ベッドとポータブルトイレの移動しかしていない義母が

すぐ退院しても私たちに受け入れる事は無理です。

でも、義弟の嫁には、お正月帰宅出来ない義母がかわいそうだと言われ

義弟夫婦や、義母からヒタヒタと伝わるプレッシャー。

長男やから・・・長男の嫁やから・・・お世話するのが当たり前。

そんな空気が私を包み込んでますthink

病院には、せめてトイレまで歩けるようにリハビリをして下さいとお願いし

本人が「買い物は、この子に連れて行ってもらうから」と

即答で断った介護保険も申請し、ベッドや補助具を手配してもらい

受け入れ態勢は整えていこうとしてますが

さて・・・母屋でいいのだろうか。

私たちの家に来てもらうのがいいのではないか。

でも、先の見えないこと。

それだけの覚悟が出来るのか。

確かに家に帰りたい気持ちは嫌というほどわかります。

一人で家にいるより、みんなといるほうが楽しいかも。

(でも気を使うかなぁ、義母でも。)

私が義母に持ってる感情は、愛情<同情です。

どうするのが、一番なんだろ。

自分に置き換えると、いたたまれない想いになります。

| | コメント (10)

寒中お見舞い申し上げます

今日は何日?って感じで・・・coldsweats01

年始のご挨拶は省略させていただき

「一年楽しく過ごせますよう・・・

今年も、みなさんよろしくお願いします♪」

今日は来週の乳腺科の診察に向けての採血の日。

午前中、手話サークルに行って午後からhospitalにGO!!

そして再来受付に診察券を入れて、出てきた用紙にはなんと

乳腺科 診察 9時30分  って、なってる~。

事態を把握するまで、しばしの時間。

「私、日にち間違えた???」

「え?もしかして先週、こなあかんかった?」

「たぶん。。。絶対そうやあ~~~crying

今。。。13時sweat01sweat01

乳腺j科ブロックに行って、日にちを勘違いしてた事を説明し

採血と診察の両方してもらえるか確認してもらうとOKだったので、ひと安心coldsweats01

でも今日は採血だけだと思ってたので、心の準備が出来てないcoldsweats02

診察室での主治医の第一声。

      「採血、来てなかったやろ~。 昨日カルテ見たらなかったで。」

私     「すみません・・・  勘違いしてました」

主治医  「採血に来るん忘れたんじゃなくて、日にち間違ったん?」

      「なるほどな・・・だから昼から来たんかぁ~」

私    「はい・・・・・・・・・・・・

で、リンパ浮腫の診察(大学病院)の話になって

主治医 「どうやった?」

私    「手術は半年くらい待たなあかんって」

主治医 「あっちこっちの講演で話したからな~happy01

私    「手術したら、重いもん持ってもええって言ってたよ。」

主治医 「えらい自信やな~。 でもマッサージとかはしたほうがええねんで。」

     「手術したら治るんじゃなくて、リンパの流れが良くなるって事やから」

私    「そうなんや」

                               ・・・・  etc  ・・・・

そんなこんなで診察終了。

今回も腫瘍マーカーは正常値で、乳房と首・鎖骨・腋のリンパのエコーもOK。

無事に終わりましたscissors

次回は4月。

1年に1度の総点検。  骨シンチ・造影剤CT・マンモ・エコー・マーカーです。

この勢い(どの勢いやろ?coldsweats01)で、これからも、ずっと行けたらいいなって思ってます。

さあ、それまで遊ばないとnote

まずは月末に日本海に 「蟹cancer 食べ行こう~notesを、楽しみに過ごそうっとheart04

| | コメント (8)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »